最近紹介したもの

天気予報


Recent Trackbacks

TOKYO SMART DRIVER

Edita


  • ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ



音楽: ジャンル: ジャズ

July 10, 2011

Dr. John / In A Sentimental Mood

 Dr. Johnによる、ジャズスタンダードばかりを取り上げたアルバムで、1989年の作品。
この雰囲気をもったアルバムは、彼にとって"City Lights" (1978年)、"Tango Palace" (1979年)以来久し振りである。タイトルから想像がつくかもしれないが、彼らしいニューオリンズR&Bやファンクという趣のまったくない(笑)、典型的なジャズスタンダード集ということができる。プロデュースはTommy LiPuma。

本作品のハイライトと言えば、やはり冒頭の"Makin' Whoopee!"で、Rickie Lee Jonesとのデュエット。私が初めて本作品を聴いたのは、高崎にある某ロック喫茶 (今では死語?) だったのだが、LP盤のA面 (これも死語か...) にマスターが針を落とした瞬間に流れたドラムスとホーンセクションによるイントロ、その後に始まる2人の息のぴったり合ったムーディーなヴォーカルに背筋がぞくっとしたものだ。この作品で確か2人はグラミー賞を取ったと記憶している。

他にもしっとりとしたヴォーカルとピアノソロを聴かせるバラード、"Candy" "My Buddy"をはじめ、ちょっと大げさかもしれないが、見事なピアノ(独特の「ころがるような」ピアノソロ)を聴かせてくれるタイトル曲"In A Sentimental Mood"(もちろんあのDuke Ellingtonの曲)、Cole Porterの曲 " Love for Sale"などなど、お見事と言う他ない。Dr. Johnにしか出せない、あの枯れたヴォーカルと見事としか言いようがないピアノプレイが40分間にわたって、全く飽きる事なく堪能できる。
Dr. John好きにも、おしゃれなジャズヴォーカル好きにも、ポピュラー音楽好きにも薦められる作品である。

なお参加しているアーティストは、Harvey Mason、Jeff Porcaro (ドラムス)、Marcus Miller (ベース)、Hugh McCracken (ギター)など。ストリングとホーンアレンジメントにはMarty Paichと、超豪華。

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

人気ブログランキングへ←よろしかったらこちらもクリックしてください!

January 23, 2011

Jane Moheit / Home

 寒くなってくると、不思議と街中の音楽はスタンダードとジャズで溢れ始める。例えばジャズの本場ニューヨークのようなところであれば当然、でもここ東京でも同様。

ここ最近のコンテンポラリージャズ界の話題は、特にチャート関はほぼMichael Bubleが占めていて若干食傷気味。あまり独占状況は良くない。
と考えていた矢先、Jane Monheitの新作が発表されたと言うことで、聞いて見ることとした。(2010年作品)

本作品で一番印象的だったのは、やはりJane Monheitのヴォーカルの魅力だ。力が入ってなく、本当に艶があっていい。特に全体的なリラックス感がとても心地よい。アルバムタイトルの Home さながらのリラックス感と言っていいだろう。

John Pizzarelli とのデュエット曲である Tonight You Belong To Me は、バックの演奏がほとんど全面に出て来ず、デュエットの良さを堪能できる。しかも2人のヴォーカルもさり気ない、軽いタッチ。リスナーに語りかける様な感じである。またソロでも、ピアノ中心のバラード(特に I'll Be Around) や トリオ+トランペットソロの構成で歌われる The Eagle In Me あたりが個人的に気に入っている。

聴き終えた後の爽快感もあり、若手女性ジャズヴォーカリストによる作品としては、本年一番ではないかと思われる出来となっている。

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

人気ブログランキングへ←よろしかったらこちらもクリックしてください!

December 23, 2010

George Benson & Al Jarreau / Givin' It Up

 2006年に発表された、コンテンポラリージャズ界の巨人2名によるコラボレーションアルバム。

2名とも、ヴォーカルの個性が非常に強く、この個性のぶつかり合いが本作での聴き所となると思っていた。しかし、意外にもお互いの個性はできるだけ抑えながらと言う印象が強い。これは、やはりGeorge Bensonが、本職であるイバニーズのセミアコギターにある程度専念しているからだと思う。
(特に、90年代以降、George Bensonは一時期のヴォーカリスト兼ギタリスト的な立場から、ギターに専念してきているような気がするけれど、ここではやはりヴォーカリストであるAl Jarreauに敬意を表した、というところだろうか。

冒頭の2曲、 "Breezin'" と "Mornin'" は、それぞれGeorge, Alの代表曲の1つと言えるもの。私の一番好きな曲でもある。
"Breezin'" の原曲はGeorge Bensonの有名なインスト、"Mornin'" はAl Jarreauのヴォーカル曲だが、いずれもGeorge BensonのセミアコとAl Jarreauのスキャットのコンビネーションがとても心地よい。また、Seals & Croftのヒット曲で、Isley Brrothersがカバーしたことでも知られる "Summer Breeze" 、John Legendの "Ordinary People" など、選曲のセンスも個人的にニヤッとさせられるものが多い。"Ordinary People" は、原曲と比べてとてもさっぱり仕上がっている。

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

人気ブログランキングへ←よろしかったらこちらもクリックしてください!

August 16, 2010

Rickie Lee Jones / Pop Pop

 Rickie Lee Jonesが1991年に発表したアルバム。全曲がカバー曲であり、シンガーソングライターである彼女としては異色のアルバムと言える。 多くがジャズのスタンダードで占められていて、もともとジャジーな雰囲気を持った彼女としては、必然的な選択となるだろう。そしてこれがやはり見事にハマっているのだ。プロデュースはRickie Lee Jones自身とDon Was。

バックミュージシャンのRubben Ford (アコースティックギター) の実に素晴らしい演奏が印象的。本作品は、ドラムスを使わずRubben Fordのギターとベース、バンドネオンだけをバックに歌い上げる"My One And Only Love"で幕を開けるが、これがやっぱりイイ。また、Steve Kindlerのヴァイオリンをフィーチャーした"Second Time Around"や、"Hi-Lili Hi-Lo"も同系統の曲としてはなかなか良い出来だ。

本アルバムの中で異色なのはJimi Hendrix作の"Up From The Skies"か。当然のことながらオリジナルに忠実なわけもなく、Rubben Fordのギターがここでも大活躍。原曲からかなりかけ離れた雰囲気になったのは当然だが、完全なRLJ節となっている。

本作を初めて聞いた時 (もう20年近く前になるが)、今までの彼女のアルバムの中では一番ヴォーカルが弱いなあと感じた。それゆえ余り好きなアルバムとは言えなかった。彼女のヴォーカルが大好きだったからこういう感想だったのだが、今改めて聞いてみると、彼女のヴォーカルの良さもさることながら、バックミュージシャンの演奏が素晴らし過ぎる。スタンダード曲もジミヘンも彼女のヴォーカルと素晴らしい演奏で本作でしか表現できない唯一無二なものになっている。このオリジナリティは素晴らしい。

そう言う意味では「今更気付いた名盤」かな、と思う。これからは間違いなく聴き続けていきます。

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

人気ブログランキングへ←よろしかったらこちらもクリックしてください!

July 28, 2010

Larry Carlton / Last Nite

 1986年2月17日にLAのジャズクラブ、The Baked Potatoで収録されたLarry Carltonのライブアルバム。参加ミュージシャンはLarry Carlton (guitar)の他、Abraham Laboriel (bass)、Terry Trotter (keyboards)、John Robinson (drums)、Alex Acuna (percussion)など。

"So What"と"All Blues"の2曲は、Miles Davisの名盤Kind Of Blueに収められた作品で、それまで純粋なジャズの演奏経験のなかったJohn Robinsonがすばらしいシャッフルを聴かせてくれている。
"Don't Give Up"はかなりロックンロール色の強いナンバーで、Larry Carlton自身もRock and Roll Shuffleと言っているもの。"The B.P. Blues"はストレートなブルースナンバーで、Larry Carltonの音楽のルーツがブルースであるということが伺われる程、生き生きと演奏している。曲の中盤に聴かれるミュートのトランペットはお馴染みJerry Heyによるもので、ライブの後でオーバーダブされたもの。これがまた渋い。ちなみに、これは私にとってこのアルバムのベストトラックである。
"Last Nite"はLarry Carlton独特の世界をもった、ギターフュージョン。
"Emotions Wounds Us So"は、Larry Carltonらしい伸びのあるギターが聴けるバラード。

以上のように、このライブアルバムはジャンルとしてはジャズからロックンロールという風にかなり変化に富んでいるが、一貫しているギター大好きなLarry Carltonが大いに演奏を楽しんでいる、そんな感じがする。バックのミュージシャンもLAのフュージョン界の中心的人物ばかりで安心して聴くことができる。

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

人気ブログランキングへ←よろしかったらこちらもクリックしてください!

March 22, 2010

David Sanborn / Only Everything

 いつのまにかDeccaに移籍していたDavid Sanbornの最新作 (2010年作品)。
移籍したのは前作からの様なので、2年ほど前。最近すっかりチェック不足だった。

新しいレーベルでは雰囲気が変わる、ということで聞き始めたのだが、やはり、90年代辺りのファンキーさは完全に息をひそめていて、非常に落ち着いた、貫禄のある演奏となっている。角も取れて、実に大人向けのしっとりした音作り。以前よりも多少抑え気味のプレイに聞こえなくもないけど、どっしり構えた感じのサンボーンは、ある意味新鮮でもある。
プロデューサはPhil Ramone。確かにこの雰囲気。分かります。

Joey DeFrancescoのオルガンが全般的にトラックの軸になっていて、その他ベース・ドラムスはかなりシンプルな演奏になっています。ちなみにドラムスはSteve Gaddですよ。

"Let The Good Times Roll"では、Joss Stone姉さんのソウルフルなヴォーカルを中心に、サンボーンならではのエモーショナルなサックスがロマンティックに鳴り響く感じ。通勤の帰りなんかに聞くと、ついつい窓の外を移り行く景色に見とれてしまいそうになる。

バラード系では、"You've Changed" が秀逸か。流れる様なサンボーンのサックスと、Joey DeFrancescoのオルガンが気持ちよく混ざり合い、とても美しい曲になっている。

ヴォーカル曲は2曲。前述したJoss Stoneの "Let The Good Times Roll"の他、"Hallelujah I Love You So" では、James Taylorが参加。最初はおどろいたのだが、実は前作でも参加していたとのこと。
以前James Taylorのカバーアルバムのレビューでも書いたことがあるが、James Taylorは、彼が歌う曲は全部、彼の作品にしか聞こえなくなってしまうと言う強い個性を持っているのだが、本作でもその存在感は大きい。David Sanbornも強い個性の持ち主なので、さすがにそこまでは感じなかったが、本アルバムの他の曲の中ではちょっと浮き足立った雰囲気がないでもない。この曲自体は非常に良い演奏だとは思うけれど。

わずか8曲しか収められていないと言う点も若干機にはなる小野の、じっくり聞ける大人のアルバムであり、大いに評価したいと思う。

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

人気ブログランキングへ←よろしかったらこちらもクリックしてください!

December 11, 2009

Ronnie Jordan / The Antidote

 1992年発表の、英国出身の黒人ギタリストRonnie Jordanのデビューアルバム。マイルスの"So What"を、かなりヘビーなリズムトラックに乗せ、本格的なジャズギターを聴かせるという斬新なスタイルがとても印象的で思わず購入した作品である。当時私は、「これがCool Jazzってやつ?」と思い好奇心もあった。

アルバム全体を通して聴いてみても、この系統の音楽らしくクールな打ち込みをバックに、ヒップホップのような現代ポピュラー音楽のエッセンスを織り交ぜながら、ウェス・モンゴメリー~ジョージ・ベンソンあたりを彷彿とさせる演奏が続く。現代的なバックトラックに、きわめて正統派のギターというミスマッチが不思議と来る、そんな作品たちである。

オリジナル曲のタイトル曲、"After Hours (The Antidote)"のようなミッドテンポの曲は非常に都会的でおしゃれ。非常に心地よくて1日の疲れをいやしてくれる、そんな気がする。

これ以降もなかなかかっこいいコンテンポラリージャズ(と言ってもスムーズジャズとは一線を課すのだが)の作品を世に出しているが、それらはまた後日紹介するとしても、"So What"のインパクトの強さを考えれば、まずはお勧めの作品と言えるだろう。

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

人気ブログランキングへ←よろしかったらこちらもクリックしてください!

September 23, 2009

Linda Ronstadt & The Nelson Riddle Orchestra / What's New

 ウエストコーストの歌姫と言えるLinda Ronstadtが、初めてNelson Riddle Orchestraとがっぷり四つに組んだ1983年発表のスタンダードアルバム。このアルバムが発売された当初は確かに話題になったが、当時高校生であった私は、彼女の前作であったポップアルバム "Get Closer" が思うようなセールスを上げられなかったため、第二のバーブラ・ストライザンドを狙ったのでは、という程度にしか考えていなかった。確かにヴォーカルはうまいし艶もあるので良い出来だなとは思ったが、皆が知っているスタンダード曲だけ歌うシンガーになってしまい、いつの間にかポップシーンから消えて行ってしまうのではないかと正直危惧していた。というわけで、当時はあまり良い印象を持たない音楽であった。高校生にとっては退屈な種類の音楽でもあったわけだ。

そして大人になって、改めてこのアルバムを聴いてみると、これが大きな間違いであることに気付いたのであった。昔から気付いてはいたことだが、何と言っても彼女のヴォーカルのうまさ、というのが光る1枚なのである。そして何と言っても子供には分かりにくい、艶っぽさというのを強く感じるのである。今までスタンダード曲はいろいろなポップアーティストによって取り上げられたのであるが、彼女のヴァージョンのものが一番素晴らしい。彼女の抑揚のある表現力とそれから生まれる色気と言うのはなかなか彼女の以前のアルバムでは体験できなかった。彼女の新境地を開くきっかけになり、その後数枚のスタンダード物を発表していずれも好評だったのが今さらながらうなずける。
やはり大人らしく、街が寝静まった夜中にしっとりと聴き続けて行きたい、そんなアルバムである。

それにしても、このアルバムのジャケット(CDで言うと、ライナーの書かれている方の裏表紙に当たる部分)に彼女のポップアルバム用っぽい写真があるのは何故だろうか?これは未だに不思議である。

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

人気ブログランキングへ←よろしかったらこちらもクリックしてください!

August 25, 2009

Yellowjackets / Lifecycle

 2008年発表の作品。

アルバムジャケットにも明記されている通り、本作ではMike Sternが参加アーティストとしてしっかりクレジットされている。だからこのブログでのアーティスト表記は、正式にはジャケットにもある通り "Yellowjackets featuring Mike Stern"とすべきなのかもしれない。でも、まあいいでしょう。

当然のことながら、本作でのMike Sternのフィーチャー振りは、クレジットされているだけのことはあり、「浮いてる」とは決して言わないが、かなり強烈な主張をしているように思う。Yellowjacketsのバッキングが秀逸なのか、あるいは大人し過ぎるのかは分からないが、いずれにしても主役はMike Sternという内容と言っても過言ではないほど、大々的なフィーチャリングとなっている。どっちが主役?と言う感じである。
Country Llivingなんかは、一番最初の音から一番最後の音までしっかりイコライズされたギターサウンドでソロの弾きまくり!なんである。この主張具合なんかはとってもMike Sternらしいし、もちろん彼の弾くギターソロはジャズギターの中に縮こまることなく、とても自由でカッコイイ。

一方本来はメインであるはずのYellowjacketsの演奏はとっても堅実で、しっかりMike Sternをサポートしていて、それはそれで非常に好感が持てるものである。かなり変則的なドラミングの曲があったりしてドラムス好きとしてはニヤッとさせられる。
(余談だが、Yellowjacketsでは一番地味なメンバーと思われるドラマー、Marcus Baylorがかなり好きだったりするtomyでございます)

変則なドラミングと言えば、Double Nickelでの変則リズム(うまく説明できません、文才なくてごめんなさい)はかなり評価が高いものと言って良いのではないかと思う。紹介した2曲と冒頭のFalken's Mazeあたりはかなりの聴き所である。

Yellowjacketsのアルバムの中では秀作のひとつと言えると思うので、特に初心者の方にはお勧めしたい。ただしこれに夢中になってしまうと、他の作品が大人しすぎると感じてしまうかもしれない。そこは要注意。おとなしめのYellowjacketsで癒されたい向きには、アルバム最後を飾る Lazaro が「らしくて」いいかもしれない。

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

人気ブログランキングへ←よろしかったらこちらもクリックしてください!

July 30, 2009

David Sanborn / Upfront

 David Sanbornの1992年作品。
1987年の "A Change Of Heart" あたりから始まったマーカス・ミラー系のソウル〜ファンク・ジャズ路線を一気に加速させた感のある作品。もともとは「泣きのサンボーン」などと言われ、美しいバラードでの文字通り「泣く」ようなアルトサックスの音色で日本でも人気があった訳だが、実はこのファンキーな作品を彼のベストアルバムと評する人が多い。

"Snake" でのSteve Jordanの激しいドラムス、Ricky Petersonのオルガン(このオルガンの使い方が彼のアルバムでは非常に大胆)によるイントロ。そして御大サンボーンの登場。

めっちゃファンキー。確かに「泣きのサックス」だが、かっこいい。呼吸のすべてを使って吹きまくるサンボーン。

同様の雰囲気は "Hey" でも聴ける。ここでのサンボーンもファンキーに吹きまくる。そのかっこ良さったらこの上ない。

ちょっとこの類いのファンクに疲れたら、"Crossfire" を。(バラード曲ではないので誤解なきよう)ここでブルージーなギターを聴かせるのは、何とエリック・クラプトンだ。その他にもRandy Brecker、Hiram Bullockなんてところも参加。

また、異色なナンバーも収録。これは1966年 (私の生まれた年だ) にJoe Cuba Sextetがヒットさせたラテンナンバー、"Bang Bang"である。これはシングルカットされた (あまりヒットにはならなかったが)。バックのヴォーカルには、このアルバムに参加しているミュージシャンが一通り参加。原曲に結構忠実で、とても楽しそうなナンバーである。この曲だけに、あのTommy LiPumaまで参加している。

そんなわけで、盛りだくさんの本作品。やっぱりMarcus MillerとSteve Jordanが大活躍で、Sanbornの持っているファンキーな部分を見事に表現している。ひとりでに身体が動き出してしまう、そんな楽曲でいっぱいだ。本作と次作の "Hearsay" の2枚あたりが90年代のサンボーンの代表作と断言して良いだろう。

人気ブログランキングへ

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い


人気ブログランキングへ←よろしかったらこちらもクリックしてください!

November 2014
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

検索


ClustrMaps

Creative Commons

無料ブログはココログ