最近紹介したもの

天気予報


Recent Trackbacks

TOKYO SMART DRIVER

Edita


  • ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ



音楽: ジャンル: カントリー

July 04, 2012

Lionel Richie / Tuskegee

 最近セルフカバーをデュエットでやる、という企画の作品をちょこちょこ見かけるが、今のところこのLionel Richieの"Tuskegee"が一番のお気に入りである。1970年代後半からコモドアーズのリードヴォーカリストとして、特にバラードのヒット曲を量産し、1980年代に入ってソロに転向、以降もヒットを連発し続けた彼の作品である。

本作で何が気に入ったかというと、収録されている往年のヒット曲がカントリーフレーバーに料理され、当然ながら有名カントリーアーティストと共演していることだ。

もしかしたらライオネル・リッチーとカントリーが結び付かない人が多いかもしれないが、そんなことはない。
アルバムタイトルである"Tuskegee"は、アラバマ州にある小さな都市で、彼のホームタウンでもある。 位置的にはカントリーミュージックがポピュラーな土地柄といえる。
(余談だが、アメリカの歴史に詳しい方なら、Tuskegee出身と言えば人種差別と闘った黒人女性Rosa Parkの名前が挙げられるかも知れない。)

彼のソロ活動の中にはカントリーっぽい曲が意外と多い。"Deep River Woman"(オリジナルはAlabamaとの共演)、"Stuck On You"辺りがそんな曲で、いずれの曲もカントリーのヒットチャートで上位にランクされている。だから彼がカントリーアーティストと共演することは今に始まったことではないのである。

さて前置きが長くなったが、本作。冒頭のBlake Sheltonとの"You Are"のイントロを聴いただけでウルッとなりそうな私。見事なミドルテンポのポップカントリーに仕上がっている。その後にもDarius Rucker, Kenny Chesney, Jason Aldean, Rascal Flatts, Jennifer Nettles (Sugarland)等々、今まさに旬のアーティストとの共演、そして旧知の仲であろうJimmy Buffett, Kenny Rogers, そしてあのWillie Nelsonまでが登場する超豪華版である。

いずれの曲も見事に共演アーティストの味に料理されているのにLionel Richieらしさがしっかりと残っている。そういうところが素晴らしい。特にRascal Flattsとの"Dancing On The Ceiling"やKenny Chesneyとの"My Love"はお勧めである。
あとは、やはりKenny Rogerとの"Lady"だろうか。誰にも真似できない、まさに大人のデュエット。聴き手の背筋が思わずゾクッとする、そういう出来になっている。

本作品は、ビルボードのアルバムチャートだけでなく、カントリーアルバムチャートでも堂々の1位を記録。まさしくナンバーワンアルバムにふさわしい作品である。

人気ブログランキングへ←よろしかったらこちらもクリックしてください!

March 11, 2012

Darius Rucker / Charleston, SC 1966

 もはやHootie & The Blowfishの…という頭書きは要らないかもしれない。今やカントリーミュージックのスターの仲間入りをしたDarius Ruckerのソロ第2作目が本アルバム (2010年作品)。アルバム名に自分の生まれた年とホームタウンをつけていることから、改めて自らのルーツはここにある、という宣言なのかと思う。
(全くの余談だが、Darius Ruckerと私の誕生日はわずか3日違い。)

内容は最近のカントリーミュージックの主流であるポップ・カントリー調。何と言っても低音の響く彼のヴォーカルがいい。歌唱法には、やはりソウルさも見え隠れしているところがユニークだと思う。時折聴こえてくるマンドリンの音色も、もともと好きな楽器だけあって、とても心地いい。

私の印象は、Hootie & the Blowfishはどちらかというとルーツ系のアメリカンロックとは言いつつも、どことなく影のある音を聴かせてくれていたが、ソロでカントリーアーティストとして活躍している現在の彼は、そう言う部分を吹っ切って、軽快な音楽を聴かせてくれる。
冒頭の"This"から"Come Back Song"あたりの流れは、もうポップ・カントリーのトップスターと言っても良い余裕さを感じる。その辺が、聴いている側にも爽快に感じる。

時代は変わったとは言え、カントリーミュージックの世界は圧倒的に白人のものになっているが、そんな中に彼のようなアーティストが入って、自分の好きな音楽をやっているのを知ると、やっぱり応援したくなるものだ。私にとっては当分の間愛聴盤になるだろう。同い年と言うこともあるし。

人気ブログランキングへ←よろしかったらこちらもクリックしてください!

August 16, 2011

Garth Brooks / Ropin' The Wind

 1991年に発表された、Garth Brooksの大ヒットアルバム。私にとってGarth Brooks初体験となったアルバムでもある。
彼の前作"No Fences"が全米で1000万枚売上という大ヒットを記録した頃は、単なるポップなカントリーアーティストが何でこんなに唐突に売れちゃったんだろうと思っていた程度だったので、特に聴こうという強い思いはなかった。しかし、本作も発売直後から全米アルバムチャートでNo.1にずっと居座っていたので、これは何かあるなと言う事で気になり始め購入したのだ。(今思えば、この動きはノロいね...)

すると、冒頭の"Against The Grain"のイントロ、バンジョーとフィドルが頭っから全開でびっくり。中には少し湿っぽいポップバラードもあるが、"We Bury THe Hatchet"や"Rodeo"などと言った曲は、カントリーミュージックがしっかりとベースになっていてとても気に入った。

本作で1つの驚きは、Billy Joelの"Shameless"のカバー。この曲はBilly Joelのアルバム、"Storm Front"に収められていた曲であるが、Garth Brooksバージョンが大ヒットしたおかげで、全米のラジオ曲ではシングルカットされてなかったBilly Joelのオリジナルバージョンが売れる、という珍現象まで引き起こした。
Garth Brooksの過去のインタビューによれば、この曲がBilly Joelによってシングルカットされなかったことを知った彼がBilly Joelのマネージメントに頼み込み、了承を得た上でシングルカットが行われたというエピソードがあるらしい。私としては、Billy JoelバージョンよりGarth Brooksバージョンの方が印象に残る曲になっている。

そのほかにもポップ感もあるが基本はカントリーだぞ!という曲が多く収録されている本作、結果的に前作を上回る1300万枚のセールスを記録したらしい。90年代のカントリーミュージックのブームのきっかけとなった名作の一つであることには間違いない。この流れは21世紀に入り、ロック的な要素もどんどん吸収しながら独特なアメリカのポピュラーミュージックになってきている。そう言う意味では彼の貢献度は非常に高い。最近はあまり表に出てくる事がなく、半ば隠居生活みたいな感じとの話もあるが、頑張って欲しいものだ。

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

人気ブログランキングへ←よろしかったらこちらもクリックしてください!

July 18, 2010

Lady Antebellum / Need You Now

 2010年初に発売された、Lady Antebellumの第2作目。ともかくこの作品は、1曲目の"Need You Now"が世界中で大ヒットした。日本でも、この曲のビッグヒットにより、結構プロモーションが行われていた。( こちら など。もっとも日本でのプロモーションのやり方は、いかに彼らがポップ寄りであるかと言うことを強調したもので、カントリーミュージックの啓蒙には一切なっていないことが納得いかないが)

とはいっても、このタイトルチューン。マイナー調のポップソング。歌詞もとっても切なく、分かりやすい。男女 (Charles KellyとHillary Scott)の掛け合いのラブソング、、、ということで売れる要素満載。結果として、全米カントリーチャートでは5週連続No.1になり、全米ポップチャートでも2位を記録すると言う大ヒットになっている。WikipediaによればBillboardによる日本でのランキングでも12位まで上がっているとのこと。

この曲は、比較的あちらこちらでも聞くことができるのでこれ以上の紹介は省くとして、本アルバムに収録されたこれ以外の曲は、全体的にはポップ寄りのカントリーと言うことができる。静かなピアノがフィーチャーされたり、ストレート勝負のロックの曲が入っていたりして、少々まとまりに欠けるような部分がある。
一方、本来本職のはずの(?)カントリー系の曲はどうかと言うと、2ndシングルとなったAmerican Honeyや、Something 'Bout A Womanと言った曲では、見事なカントリーフレーヴァーを披露してくれていて、コーラスのうまさが非常に光るものとなっている。

次作はもっと、アメリカの広大さを彷彿とさせるカントリー中心の選曲にしてくれればいいなという気持ちが非常に強いが、まだ若いのにソングライティング、ヴォーカルともレベルが高くて、今後とても期待できるバンドだと思う。

ただもっとカントリーして欲しい!と一応要望出しときます。

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

人気ブログランキングへ←よろしかったらこちらもクリックしてください!

June 01, 2010

Blake Shelton / Hillbilly Bone

 2010年発表の、Blake Sheltonの第6作アルバム。ちょっとイレギュラーな6曲入りのミニアルバムとなっている。そして本作は、現在のところBlake Sheltonに取って一番アルバムチャートの上位まで行った作品である。

Trace Adkinsとのデュエット曲である冒頭のアルバムタイトル曲 (2009年末に全米トップ40入り) は、ワイルドでめっちゃかっこいいロックカントリーになっていて、Blake Sheltonの伸びのある声、Trace Adkinsの低音がとてもバランスしていて良い。

余談だけど、この曲のPVがいかにもカントリー=アメリカンミュージック、という仕上がりになっていて面白い。要は田舎から都会に出てきた2人(勿論本人達)がフォーマルなレストランにウエスタンウェアで登場していろいろやらかし、最後に皆で大合唱、って感じのものです。

このブログのレイアウト上、このPVをそのまま張れないので、ここのリンクからどうぞ。
Hillbilly Bone (feat. Trace Adkins)
http://www.youtube.com/watch?v=OGoiiwxTWeE

また、このアルバムは全体的にラジオ局でBlake Sheltonが紹介されている様なコンセプトになっている。"Hillbilly Bone"のあとには、電話で出演しているBlakeとラジオ局のDJ、ディレクターなどとの掛け合いがあったりする。Blakeの名前を間違えて本人から指摘を受けても全く意に介さないディレクターなど、アメリカらしいコメディタッチのものになっている。この辺のアメリカらしい面白さ、みたいなものも勉強になる。

曲調としてはロック色の強いものが中心となっていて、これは彼の魅力でもあるのだが、"You'll Always Be Beautiful"のようなバラードもたまには良い。
もっともこの曲の前に収録されているのが、"Kiss My Country Ass"というのもいかがなものかと、と言う感じがするが。


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

人気ブログランキングへ←よろしかったらこちらもクリックしてください!

October 25, 2009

Original Motion Picture Soundtrack / Urban Cowboy

 1980年に公開された、ジョン・トラボルタ主演の映画 "Urban Cowboy" のサウンドトラックである。18曲収録で、LPは2枚組でリリースされたが、CDでは1枚にまとまっている。
昨年アメリカに出張した際CDショップで見かけたが$19くらいし、購入を断念。その後iTunes Storeで購入しようとして$11.99だったので少し心が揺らいだがぐっと我慢。
そうこうしているうちにAmazonで820円で発見。即買いしました。

この映画はアメリカ・テキサス州ヒューストン郊外を舞台にしており、またバックを流れる音楽がカントリーミュージックを中心としたものであったためか、日本ではほとんど注目されなかったはず。しかし、「サタデーナイトフィーバー」「グリース」と大ヒットを連発してきたジョン・トラボルタの作品と言うことで、米国ではかなりヒットした。
私もこの映画は好きで、最近でも時々深夜のテレビで放映されているを見る。若き日のデブラ・ウィンガーがかわいくて魅力的だ。

さてさて、サウンドトラックの話。本作は米国で大ヒットし、このサウンドトラックをきっかけにしてカントリーミュージックブームが起きた。
その中心は、本作にも登場したJohnny Lee。彼の一世一代の大ヒット曲、"Lookin' For Love"は、ビルボードのカントリーチャートで1位になったのはもちろん、全米ポップチャートでも6位まで上昇。楽曲としてはそれほど衝撃的なものではなく、むしろ従来のカントリーソングから若干ポップの要素を加えた程度のものであったが、この曲はロック/ソウルの入り乱れていたチャート界に一気に風穴を開けることになった。これをきっかけにして、Kenny Rogers, Ronnie Milsap, Juice Newton, Alabamaなどなどのアーティスト達の曲がポンポンと全米ポップチャートの上位まで上昇するという「珍現象」が起きたりした。
しかしながら、このブームは売る側の思惑が強過ぎたためか、あまり人々に浸透することなく飽きられるような感じで、いつの間にか去って行った。

とはいえ、このアルバムに影響を受けてカントリーミュージックを聴き始めた人たちも結構多いのではないだろうか。あのジョン・トラボルタがカウボーイハットをかぶり、フィドル全開のウエスタンスイング調の曲に合わせてダンスする姿は衝撃だったですから。Mickey Gilley(ちなみに彼は、この映画の舞台となった"Gilley's"という巨大ウエスタンパブのオーナーでもある)がBen E. Kingをカバーした "Stand By Me"や、当時一番脂ののりきってた Charlie Daniels Bandの"The Devil Went Down To Georgia" (カントリー系楽曲では初のラップ??)などは大ヒットしたし、ラジオでもかかりまくっていた。
ただし意外なことに、本作に収められた作品の中で、カントリー系の曲はせいぜい半分くらい。それ以外は、超有名アーティストによるアメリカン・ロックなのである。

かくいう私にとって本作は、カントリーミュージック、ではなく、カントリーミュージック以外のアメリカ音楽全般に目覚めてしまった記念すべき作品である。
その当時私は、日常的にカントリーミュージックくらいしか聞いていなかったが、本作に収められているJimy Buffett, Joe Walsh, Bob Segerといった人たちのロックンロールナンバーにしびれ、Bonnie Raitt (当時出たて) の少しハスキーな歌声、Dan Fogelbergのちょっと乾いた感じの歌声にしびれ 、そしてBoz Scaggsのちょっとヤラシイ感じのヴォーカルにしびれたものだった。なお、本作品にはBoz Scaggsの "Look What You've Done To Me"が収められているが、いくつかあるバージョンの中では、一番しっとりとシンプルに仕上がっている本作のものがベストだと思う。

当然カントリーも大好きな訳で、この作品は本当に何度聞いても飽きない。参加しているアーティストも大物・実力派揃い。そう言う意味では、この時期の代表的な作品であろう。
1980年頃のアメリカの音楽シーンを簡単に語るのなら、この作品を聴けばよいと言ってしまっても過言ではないだろう。

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い


人気ブログランキングへ←よろしかったらこちらもクリックしてください!

October 18, 2009

Tim McGraw / Greatest Hits

 1994年発表の "Not A Moment To Soon" から1999年発表の "A Place In The Sun" まで4枚のアルバムから、ヒット曲のみをピックアップした14曲、そして、奥方である Faith Hill のアルバムにデュエットとして収録され、シングルカットされて大ヒットした "Let's Make Love" を加えた15曲からなる、Tim McGraw初めてのベストアルバムである。
(2000年リリース)

15曲もヒット曲が入っている訳なので、これ以上余裕がなかったのだろう、新曲は収められていない。まさにベストアルバムなんである。

ほぼ時系列に並べられた構成のため、彼のヴォーカルの雰囲気も少しずつ貫禄が出てきているのが分かる。そう言う意味では、彼がカントリーミュージック界でのスーパースターになるまでの成長振りというか、そう言うものが見れるような気がする。ヒット曲ばかりなので、それなりにいい曲も多いので初めて聴く人にも取っ付きやすい内容となっていると思う。私としては、冒頭の "Indian Outlaw" の衝撃って大きかったので、この辺の曲は是非聴いて欲しいと思う。

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い


人気ブログランキングへ←よろしかったらこちらもクリックしてください!

August 13, 2009

Keith Urban / Defying Gravity

 2009年発表の、現時点Keith Urbanの最新作である。

Keith Urbanの場合、元々カントリーアーティストとして出発しているが、Nashville系ではないこともあって、非常にポップ的な要素が強い。本作は恐らく過去の作品の中では一番カントリー色の薄い作品と言っていい。

ファーストシングルである "Kiss A Girl" を聴いてみると分かるが、カントリーフォーマットのラジオ局ではあまり聴かれないタイプの、西海岸系のかなり乾いた感じのポップロックという印象が強い。それだけに、一般受けと言う意味ではかなり良い感じの曲ではあるが、カントリーファンにとっては、あれ?と言う雰囲気であろう。

そんな中でも、彼のアルバムでは大概バンジョーやマンドリンと言った、カントリーでよく使われる楽器を隠し味的に使って独特の雰囲気を作り上げている。しかし本作ではその隠し味もほとんど目立たないと言う感じであり、Keith Urbanを知らない人にとっては、「すごく軽快なロックアルバム」という評価になると思う。

つまりカントリーアーティストのアルバム、と本当に言って良いかどうかかなり疑問とも言えるのだ。
そんな訳で、本作はカントリーアルバムとしての評価はあまり高くないようだ。

ただし、以前からKeith Urbanが好きな人にとっては、やっぱり本作も前作同様素晴らしいし、軽快さはやっぱり変わってない(むしろ過去の作品と比べるとこの軽快さ・ドライブ感は強い)し、最初から最後まで一気に聴き通すことができる、と言う意味では飽きのこない、良い作品ではないかと思うのだ。彼のシャウトも相変わらず魅力的です。(私もカラオケでここまでかっこ良くシャウトできたら良いなと思う次第... カラオケでのシャウトは変ですかね?)

私にとって1点残念なのは、彼の魅力であるギターキッズ振り、つまりカントリーアーティストとは思えぬ激しいギターソロとかが若干控えめになっていること。次作ではもっと弾きまくって欲しいという気がする。

お勧めとしては、これでもかというポップな雰囲気を漂わせる"Kiss A Girl"、夏の始まりを思わせるバラード調の "Til Summer Comes Around"、本作で一番ロックテイストな"Hit The Ground Runnin'"、彼らしい夏系イケイケロックの"Standing Right In Front Of You"あたりか。でも、捨て曲はなしですね。

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

人気ブログランキングへ←よろしかったらこちらもクリックしてください!

June 16, 2009

Big & Rich / Between Raising Hell and Amazing Grace

 Big Kennyと、元LonestarのJohn Richが結成したデュオで、2007年発表の作品 (3作目)。全米でロングセラーとなっている大ヒットアルバムである。

John Richは、実はロックグループ Nickelbackの"Rock Star"という名曲の、これまた名ヴィデオに出演していて、そのヴィデオの一シーンで彼はバンジョーをたたき壊すと言うパフォーマンスを演じている。ということは、かなりパンキーなカントリー・ロッカーという印象がある。また、本作のアルバムジャケットも、エレクトリックギターを弾いている2人がイラストされている。こうなるとロックかカントリーか区別のつかない、かなりハードな作品であることを想像させる。

しかし、そんな先入観でこのアルバムを聴くと、驚く程おとなしい、ポップ寄りと言っても良いカントリーミュージックを聴かせてくれることに驚く。どちらかと言えば、地味な方である。
アルバムの前半は、2人のハーモニーを中心にしてかなりベタなカントリーを聴かせてくれる。このほのぼのした感じはちょっと拍子抜け、というのが第一印象。いいんですけどね。

アルバムの後半になると、状況は変わってくる。"Side B, Side B,..." というアナウンスの後の "Radio" と言う曲はかなりハード。これが私の期待していたハード目のカントリーである。うーん、カッコイイ。"Please Man"は、何とヒップホップ界の人気アーティスト、Wyclef Jeanをフィーチャーしている。曲調もカントリーから一気にカリブ系の音楽になっていて非常に面白い。
その次の "You Shook Me All Night Long"は、ご存知の方も多いかもしれないが、AC/DCの名曲。このハードロックファンなら大概知っているナンバーを、絶妙にカントリー風にアレンジしていて、ライブなんかでは意外と盛り上がるかもしれないと思った。

総じて、前半はややおとなしめ、後半はかなり活発なアルバムと言う印象で、万人受けするタイプのアルバムかな、という作品と言える。

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

人気ブログランキングへ←よろしかったらこちらもクリックしてください!

May 01, 2009

Zac Brown Band / The Foundation

 2000年に結成されたアトランタ出身のカントリーバンド、Zac Brown Bandによる第4作。うち最初の2作は自主制作だから、メジャーレーベルからの作品と言うことになると第2作になる。

こういう作品を聴くと、改めてアメリカ音楽の奥深さを感じる。1980年前半にも通じるポップテイストを散りばめたカントリーミュージック。演奏も決して派手にならず、かといって大人しくもない、心温まるカントリーという雰囲気がアルバム全体に漂っている。

言ってみれば、とても律儀なポップカントリーである。

このヒップホップ全盛の音楽界にあって、こういうアルバムがリリースされて全米トップ20に入る売れ行きを見せる。本作からシングルカットされた "Chicken Fried" (ちなみにこれは彼らのデビューシングルである) は全米シングルトップ20に入り、カントリーチャートでは初のNo.1ヒット、そしてミリオンセラーを記録している。
つまり、こういう曲もアメリカでは広く受け入れられていると言えるのである。

全体的にも、このアルバムは気持ちよく聴いていることができる作品であり、良作だと思う。今一つとんがったところがない所が、その類いを求める方々には不満かもしれないが、 ゆったりした気分で聴くにはなかなかよいのではないかと思う。基本的に捨て曲は全くなし。今のようなホリデーシーズンなどにはうってつけの作品である。

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

人気ブログランキングへ←よろしかったらこちらもクリックしてください!

November 2014
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

検索


ClustrMaps

Creative Commons

無料ブログはココログ