最近紹介したもの

天気予報


Recent Trackbacks

TOKYO SMART DRIVER

Edita


  • ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ



« Paul McCartney / Tug Of War | Main | Lionel Richie / Tuskegee »

June 01, 2012

The Neville Brothers / Authorized Bootleg: Live at Warfield Theatre, San Francisco, CA - February 27, 1989

 2010年に発表されたThe Neville Brothersの2枚組ライブアルバム。どうやら"Official Bootleg"というのはHip-O Selectレーベルのシリーズもののようだ。
(同タイトルでFlying Burrito Brothersのアルバムもある様なので)
ライナーなどを見ると、最新録音版ではなく、アルバム"Yellow Moon"が発売される直前のもので、アルバムタイトルにもある通り1989年2月27日に行われたもの。20年以上も前の音源をなぜ今?という疑問もないわけではないが、企画ものと言うことなのだと思う。

さて本作品、言うまでもなくライブアルバムなのだが、綺麗にアルバムに取りまとめましたという感じではない。曲間の編集が殆どぶったぎりだったり、収録後の緻密なミキシングなどの細かい編集をしているようには聴こえない。アルバムタイトル通りブートレグな雰囲気があるが、これはわざとなのか、ちょっとわからない。
逆に言うと、無理な編集がないのでライブの臨場感はたっぶり。世界最高のライブバンドとも言われている彼らのグルーヴが満喫できる。

収録されているのは、彼らのライブではお決まりの"Fire On The Bayou"辺りのセカンド・ラインのナンバーに始まり、当時の最新作"Yellow Moon"からのナンバー ("Wake Up", "Voo Doo", "Yellow Moon", "Sister Rosa"など)、Aaron Nevilleのヴェルヴェット・ヴォイスによるバラード、60年代のロックンロールメドレー、"Amazing Grace"、クロージングと、まさに彼らのライブ定番の流れである。

ニューオリンズ・ファンク特有のうねりは言うまでもなくカッコいい。Aaronの美声にもうっとり。ロックンロールメドレーは今まで聴いた他のライブと比べるとギターが鳴りまくっていてロック色が強い。全19曲、110分ノンストップで聴くとかなり体力を使うが、これがニューオリンズのグルーヴ。目一杯楽しめる。聴き所を書こうと思ったが、「全部」としか言いようがない。Neville Brothersのライブの魅力を生に近い状態で聴くことができる作品となっている。

人気ブログランキングへ←よろしかったらこちらもクリックしてください!

« Paul McCartney / Tug Of War | Main | Lionel Richie / Tuskegee »

音楽: ジャンル: ソウル/R&B」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46339/54846947

Listed below are links to weblogs that reference The Neville Brothers / Authorized Bootleg: Live at Warfield Theatre, San Francisco, CA - February 27, 1989:

« Paul McCartney / Tug Of War | Main | Lionel Richie / Tuskegee »

November 2014
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

検索


ClustrMaps

Creative Commons

無料ブログはココログ