最近紹介したもの

天気予報


Recent Trackbacks

TOKYO SMART DRIVER

Edita


  • ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ



« Bo Gumbos / Bo & Gumbo | Main | The Neville Brothers / Authorized Bootleg: Live at Warfield Theatre, San Francisco, CA - February 27, 1989 »

May 27, 2012

Paul McCartney / Tug Of War

 1982年の作品。前作"McCartney II"の発表の後、あのJohn Lennonの死という大事件を経て約2年後に世に出た作品ということになる。
(あと、この間にはポールが日本で逮捕、なんてこともあった)

そんなこともあり、ポールの新作はジョンに対する追悼作品なのかな、と当初思ったものだ。しかし実際には、本作のラストナンバーでもあるStevie Wonderとの「世紀のデュエット」、"Ebony and Ivory"が物凄い話題となったのであった。先行してこの曲がリリースされた当時、私の中では、ジョンとポールの確執?なんてことが頭をよぎったものだ。なおStevieとは"What's That You're Doing?"という曲でも共演している。

で中身であるが、これが珠玉のポップ集なんである。特に1曲目のタイトルチューンに続きフェードイン気味に始まる"Take It Away"は名曲中の名曲。歌詞も教科書のように分かりやすい韻を踏んでいるし、ポールの優しい歌声と分厚いバックコーラス(リンダの声ももちろんしっかり聴こえる)、爽快なホーンセクション…。ポップとはこういうものなんだよ、とポールに言われている気になってしまう素晴らしさである。

これ以外にも歌い上げ系・しっとり系のいかにもポールらしい"Wanderlust"や"Somebody Who Care"のような曲も勿論収録。その上"Ebony and Ivory"も収録されているわけだから、もう文句のつけようがない名作なんである。当然私にとっての、ポールのフェイバリット・アルバムであることは言うまでもない。

で、最後にあの曲のことを。あの曲とは"Here Today"である。どうやらこの曲が亡きジョンに捧げた曲である。本作では群を抜いた物悲しさに包まれたこの曲は、ジョージ・マーチンのストリングス・アレンジメントといい、どこかしら "Yesterday" を彷彿とさせる雰囲気となっている。

人気ブログランキングへ←よろしかったらこちらもクリックしてください!

« Bo Gumbos / Bo & Gumbo | Main | The Neville Brothers / Authorized Bootleg: Live at Warfield Theatre, San Francisco, CA - February 27, 1989 »

音楽: ジャンル: ロック/ポップ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46339/54813420

Listed below are links to weblogs that reference Paul McCartney / Tug Of War:

« Bo Gumbos / Bo & Gumbo | Main | The Neville Brothers / Authorized Bootleg: Live at Warfield Theatre, San Francisco, CA - February 27, 1989 »

November 2014
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

検索


ClustrMaps

Creative Commons

無料ブログはココログ