最近紹介したもの

天気予報


Recent Trackbacks

TOKYO SMART DRIVER

Edita


  • ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ



« Darius Rucker / Charleston, SC 1966 | Main | Bo Gumbos / Bo & Gumbo »

March 24, 2012

Tom Waits / Glitter And Doom Live

 2009年発表のライブアルバム。アメリカにおけるTom Waits の人気は、日本では想像ができないほどすごい。本作の一番始めに聴かれる割れんばかりの歓声からの観客のノリはかなり熱狂的である。音の感じからすると、大きな会場での収録に聴こえる。ライブハウスではなく、演奏や歓声の響き具合からすると、それなりの規模のコンサートホールのような感じがする。

お馴染みの曲を持っていないTom Waitsではあるが、決して誰にも真似できない、「究極のダミ声」とも言える声、演奏から溢れ出す彼の存在感に圧倒される。80年代後半くらいから積極的に使い始めた、空き缶を通して聴こえるような独特のエフェクトを駆使し、唯一無二の世界を表現してくれる。この声はパフォーマンスによっては拡声器を改造したものを使ったりしているようだが、本作でどうしているかは分からない。
Tom Waitsの世界が堪能できる、満足の行く作品である。特に冒頭のLucinda ~ Ain't Goin' Downと最後を飾る Lucky Dayが素晴らしく、聴いていてクセになるアルバムだと思う。

ところで本作品は17曲入り73分のライヴなのだが、実は本作2枚組である。2枚目は"Tom Tales"(「トムのお話」みたいな)というタイトルで、彼が35分にわたって話し続ける作品となっている。日本人には非常に分かりにくいスラング満載、4レターワードも登場したり、下世話なおしゃべりが続く。観客も大盛り上がり。
音だけで想像するに、Tom Waitsはピアノの前に座り、時折ピアノを鳴らしながら時に観客に向かって話しかけている、そんな感じなのだろう。この2枚目の方は、アメリカ人の「ユーモア」に対する考え方の雰囲気をつかむことができる。

人気ブログランキングへ←よろしかったらこちらもクリックしてください!

« Darius Rucker / Charleston, SC 1966 | Main | Bo Gumbos / Bo & Gumbo »

音楽: ジャンル: ロック/ポップ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46339/54297487

Listed below are links to weblogs that reference Tom Waits / Glitter And Doom Live:

« Darius Rucker / Charleston, SC 1966 | Main | Bo Gumbos / Bo & Gumbo »

November 2014
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

検索


ClustrMaps

Creative Commons

無料ブログはココログ