最近紹介したもの

天気予報


Recent Trackbacks

TOKYO SMART DRIVER

Edita


  • ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ



« November 2011 | Main | February 2012 »

December 2011

December 23, 2011

山下達郎 / Ray of Hope

 2011年発表の作品。元々は、別タイトルで前年秋に発売される予定だったが、延期になり1年近く遅れてリリースされた。そのためか、本作に収録された作品のうち5曲が既にシングルとしてリリースされている。これはちょっと異例な作品であるかと思う。これらシングルはテレビ主題歌や映画主題歌と言ったタイアップ曲だった、ということもあり、本作を一通り聴いた印象は「これベストアルバム?」という錯覚であった。
最近の達郎氏の作品は、ご本人も認める通りテレビドラマ主題歌をメインとしたタイアップが非常に多い。言い換えれば、気持ちよく流して聴けるタイプのアルバム、という感じかと思う。その一方、既に達郎氏のシングルを買ってるよ、という人には、ちょっともったいない感のある作品、とも言えるかも知れない。

具体的には、「街物語」「ずっと一緒さ」「愛してるって言えなくたって」の3曲がテレビドラマ主題歌、他2曲が映画主題歌、他テレビ番組のエンディングテーマなど、という内容。
どうも達郎氏の主題曲と言うとバラードが多いので、バラード満載の作品と言うことができるが、もう少しアップテンポなものも多く入っていれば良かったな、と私は思った。

さて収録されている計14曲 (「希望という名の光」のPrelude, Postludeを含む)の中で一番驚いたことは、達郎氏がProToolを使い始めたことである。
達郎氏と言えば、「ポケットミュージック」で初めてコンピュータ(PC-8801)を導入してものすごく評判になったが、今回は今をときめくProToolである。このソフトを一躍有名にしたのは、元々は音程矯正用に作られたモジュールであるAuto-Tuneである。使いようによってはヴォコーダの様な効果が得られることから、Cherが初めてヴォーカルエフェクトとして使い始め、当時話題になったものだ。日本ではPerfumeのあの声で有名である。

ちょっと説明が長くなったが、本作では達郎氏がAuto-Tuneに挑戦。「俺の空」で、わずかにケロケロボイスを聴くことができる。ただし、当然ではあるが音程矯正のためではなく、細かい節回しの部分に少し垣間見えると言う感じ。通常のヴォーカル部分では聴こえない、ということはAuto-Tuneが達郎氏のヴォーカルを矯正する場所がなかった、ということになるのだろうか。

もう1点、ヴォーカルで気付いたことがある。それは、最近の達郎氏のシングルを聴くも分かるのだが、ヴォーカルに対するエコーなどのエフェクトがかなり弱められているような気がするのだ。(もちろん前述の「俺の空」は別。)
それでもちゃんと聴ける、ということはやはり達郎氏の歌唱力が素晴らしいと言うことになるのだと思う。

私は、本作は達郎氏のヴォーカルをじっくりと落ち着いて聴くことができる作品と思っていて、そういう意味では素晴らしい作品だと思う。このレビューでは初回限定盤についていた「JOY1.5」というライブテイク集のことは詳しく書かないけれど、ここでのエネルギッシュな達郎氏とのバランスがまたよろしい。(詳しく書かないのは、ちょっと長くなってしまうからです。これは間違いなく必聴ものです!)

今更ながらの感もあるが、やはり通常盤よりは初回限定盤を入手して両方聴くといいと思う。

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

人気ブログランキングへ←よろしかったらこちらもクリックしてください!

« November 2011 | Main | February 2012 »

November 2014
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

検索


ClustrMaps

Creative Commons

無料ブログはココログ