最近紹介したもの

天気予報


Recent Trackbacks

TOKYO SMART DRIVER

Edita


  • ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ



« August 2011 | Main | November 2011 »

October 2011

October 12, 2011

ZZ Top / Greatest Hits

 1992年発表のZZ Topのベストアルバム。1972年リリースのデビューアルバム"ZZ Top First Album"から1990年の"Recycler"まで、19年間で10枚(少ない!!)のオリジナルアルバムからピックアップされている。ZZ Topでしか演奏できない独特のブギー・ロックンロールを心ゆくまで堪能することができる。

典型は冒頭の"Gimme All Your Lovin'"から"Sharp Dressed Man"の流れだ。シンプルに8ビートを刻み続けるFrank Beardのドラムス、同じくシンプルなベースラインを弾き続けるDusty Hill、そして基本はシンプルながらも時々派手に決めるBilly Gibbonsのギター。これだけシンプルでドライブ感たっぷりのかっこいいロックンロールを演奏できるバンドはそういない。ZZ Top初期の名作"Tush"にしてもしかりだ。あたかもアメリカのフリーウェイ(しかもテキサスあたりの)をすっ飛ばしながら聴くには最高の演奏だと言える。こういう乾いたアメリカン・ロックのサウンドを聴いてると、バンドやりたくなるなあ、という爽快なサウンドが続く。

収録された18曲のうち、1973年のアルバム"Tres Hombres"からのものが1曲、1975年の"Fandango"から1曲、1979年の"Degüello"から2曲、1981年の"El Loco"から2曲、1983年の"Eliminator"から4曲、1985年の"Afterburner"から3曲、1990年の"Recycler"から3曲、新曲が2曲という構成で、やや後期作品に片寄りすぎている嫌いがあるが、彼らの歴史を考えるとしかたのない構成ではないかと思う。

新曲のうち"Viva Las Vegas"は本アルバムの中でもZZ Topらしさの出た佳曲で、1980年代半ばから多用し始めたシンセサイザも彼ららしく、なかなかカッコイイ。また彼らにとって一番の大ヒットと言える(またフロントの2人がギターやベースをクルクル回しながら演奏するミュージックビデオでも笑わせてくれた)"Legs"は、Eliminatorに収録されたオリジナルバージョンではなく、今までリリースされたことのなかったダンスバージョン。彼ららしいドライブ感にやや欠けるバージョンではあるが、ZZ Topのようなロックバンドの曲でもこんなバージョンが作られた、というおまけとして聴く分には良いかも知れない。

あと、バタくさい、「ヤンキー娘」と言う言葉がピッタリのアメリカン・ガールズ達があちらこちらに写っているアルバムジャケットも、彼らならでは。
まあそれにしてもアルバムジャケットもZZ Topらしい。

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

人気ブログランキングへ←よろしかったらこちらもクリックしてください!

« August 2011 | Main | November 2011 »

November 2014
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

検索


ClustrMaps

Creative Commons

無料ブログはココログ