最近紹介したもの

天気予報


Recent Trackbacks

TOKYO SMART DRIVER

Edita


  • ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ



« Warren Zevon / Learning To Flinch | Main | The Dirty Dozen Brass Band / Live: Mardi Gras in Montreux »

May 16, 2009

Richard Marx / Richard Marx

 Richard Marxの記念すべきデビューアルバム (1987年発表)。元々はコマーシャルジングルのシンガーを経験していて、その後Lionel Richieの作品のバックヴォーカルなども担当していた彼のデビューシングル、"Don't Mean Nothing" は、当時MTVなどでも頻繁にオンエアされ、とても印象に残っている。いかにも西海岸ロックと言った感じの明るいギターを中心にした乾いたバックトラックにRichard Marxのハイトーンヴォーカル、そして美しいコーラス。まさにこれがウエストコーストロック、という面持でとてもよい気分にさせてくれた。そして嬉しかったのは間奏でうなるスライドギターを聴かせるJoe Walsh。爽やか、と言う感じではないが、ウエストコーストを代表するロックバンドであるイーグルスの、この手の音楽ファンなら聴いてすぐ分かるJoeのスライドはとてもかっこいい。気分は夏、と言った感じのこの曲は、やはりこのアルバムのベストトラックであると言えよう。
その他にも典型的なカリフォルニアロックが中心のアルバムで、とてもイイ感じである。

お決まりのバラード"Hold On To The Nights"は、ピアノを中心とした曲にまとまっていて、間奏のヨーロッパ系ヘビメタっぽいイコライザーを使用したギターソロもきれいに聞こえる。 Richard Marxのヴォーカリストとしての才能もこの曲で存分に発揮されている。

ウエストコーストといえばお決まり!のEaglesの参加も、前述したJoe Walshを始め、この系列のアルバムのバックコーラスでは必ず顔を見せるTimothy Schmitの他、Randy Meisnerまで参加、というほぼフルメンバー。

西海岸ロックのお手本と言う感じのアルバムだけに、この種の音楽が好きでない人には勧められないが、多くの人に勧められると思っている。

ベストアルバムも当然お勧めだが、まずは本作から聴き込んで行くのがよろしいと思う。

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

人気ブログランキングへ←よろしかったらこちらもクリックしてください!

« Warren Zevon / Learning To Flinch | Main | The Dirty Dozen Brass Band / Live: Mardi Gras in Montreux »

音楽: ジャンル: ロック/ポップ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46339/45026083

Listed below are links to weblogs that reference Richard Marx / Richard Marx:

« Warren Zevon / Learning To Flinch | Main | The Dirty Dozen Brass Band / Live: Mardi Gras in Montreux »

November 2014
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

検索


ClustrMaps

Creative Commons

無料ブログはココログ