最近紹介したもの

天気予報


Recent Trackbacks

TOKYO SMART DRIVER

Edita


  • ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ



« 井上陽水 / GOLDEN BEST | Main | AC/DC / Black Ice »

December 16, 2008

Neil Young / Tonight's The Night

 1975年発表。レコーディングは1973年8月に行われたものがメインになっている。

このアルバムが発表されるまでの経緯は有名な話なのだが、簡単に記しておきたいと思う。

Crazy Horseに在籍していたギタリストでソングライターでもあったDanny Whittenが1972年11月にドラッグのオーバードーズで死亡、Crosby, Stills, Nash & YoungのローディーであったBruce Berryもオーバードーズによる死を遂げた。Neilにとっての、この2人の仲間に捧げたのがこのアルバムである。

1973年8月に、Billy Talbot (bass)、Ralph Molina (drums)、Nils Lofgren (guitar)、Ben Keith (pedal steel)とNeil Youngの5人がテキーラを飲み、ほぼ泥酔状態で一発録りのレコーディングを行った。このアイデアはNeil自身によるものだったらしい。

このレコーディングで録音された9曲は、1974年初めに発表される予定であったが、レコード会社であるRepriseからの猛反対にあい中止となった。1975年になって、未発表曲("Borrowed Tune" "Look Out Joe")と、Danny Whittenがリードヴォーカルを取った1970年録音のライブ曲("Come On Baby Let's Go Downtown")の計3曲が追加されてようやく発表されることになった。

1973年録音の9曲は、一発録りの緊張感、友人の死の悲しさが聴くものの身体中に迫ってきて素晴らしい。初めて聴いた時はアルバムジャケットの雰囲気といい、暗さを感じたものだが、暗さではなく、ピンと冷たく張り詰めた緊張感なのだということが聴いているうちに分かってきた。

内容的に、決して楽しく聴けるアルバムではない。しかしながら、Neil Youngが真剣に音楽に向き合った作品の一つで、この魂のこもった内容は人々を感動させる。Neil Youngの数多いアルバムの中でも名作中の名作であり、もちろん私にとっても大好きなアルバムである。

« 井上陽水 / GOLDEN BEST | Main | AC/DC / Black Ice »

音楽: ジャンル: ロック/ポップ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46339/43434185

Listed below are links to weblogs that reference Neil Young / Tonight's The Night:

« 井上陽水 / GOLDEN BEST | Main | AC/DC / Black Ice »

November 2014
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

検索


ClustrMaps

Creative Commons

無料ブログはココログ