最近紹介したもの

天気予報


Recent Trackbacks

TOKYO SMART DRIVER

Edita


  • ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ



« Neil Young & Crazy Horse / Live Rust | Main | Taylor Swift / Fearless »

December 30, 2008

AC/DC / Back In Black

 1980年発表。AC/DCが広く一般的に知られるきっかけとなったアルバムと言って良い作品である。全米では、2007年までに累計2200万枚が販売されたとされており、アメリカで最も売れたアルバムの1枚である。

本作は、それまでのリードヴォーカリストであったボン・スコットが死去し、ブライアン・ジョンソンが担当することになり初めてのアルバムで、アルバムジャケットの黒いイメージや、最初の曲 "Hells Bells"の冒頭になる鐘の音は、AC/DC自身は否定するがボン・スコットに捧げたものとも考えられていた。

この "Hells Bells" の最初の部分こそ荘厳な雰囲気を感じるが、それ以降は実にAC/DCらしい、渋めでゆったり目のブルース色の強いハードロックが展開される。ご存知の方も多いと思うが、この曲はアメリカの大リーグで、リリーフエースが登場する時の音楽として有名。2006年のWBC第1回では、大塚晶則が登場するときにも使用された。当時パドレスに所属していた大塚は、その時のリリーフエースであったTrevor Hoffmanが使用していたこの曲の使用許可をもらった上で使ったそうだ。

また、アルバムタイトル曲の "Back In Black" は、何かとロック的なアプローチの場面でBGMとして使われている。2003年に公開された "School of Rock" では、この曲が流れていてとても嬉しくなってにやにやしたことがある。

そういうことで、作品の一部が日常生活に溶け込んでいる、ということであり、国民的な作品・文化の一部と言っては大げさかもしれないが (しかもAC/DCはオーストラリア出身)、それほど売れたアルバムであるということであり、内容的にもロック好きには安心して聞けるので、是非堪能して欲しい。最近まで日本盤は廃盤になっていたが、再リリースしているようなので入手もしやすくなってきている。

なお、本作は私個人にとっても、朝テンションが上がらないときに聴くアルバムである。言ってみれば「私の登場曲の一つ」である。

« Neil Young & Crazy Horse / Live Rust | Main | Taylor Swift / Fearless »

音楽: ジャンル: ロック/ポップ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46339/43574343

Listed below are links to weblogs that reference AC/DC / Back In Black:

« Neil Young & Crazy Horse / Live Rust | Main | Taylor Swift / Fearless »

November 2014
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

検索


ClustrMaps

Creative Commons

無料ブログはココログ