最近紹介したもの

天気予報


Recent Trackbacks

TOKYO SMART DRIVER

Edita


  • ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ



« 大江千里 / Sloppy Joe | Main | Neil Young & The Bluenotes / This Note's For You »

November 09, 2008

竹内まりや / Expressions

 2008年10月発表の、竹内まりやの最新ベストアルバムである。デビュー30周年記念ベスト、という触れ込みである。

もともと竹内まりやは寡作なアーティストなので、最新アルバムというのにベスト盤というのはちょっと悲しいところがある。前回のベスト盤もその前のも持っている、という人はファンでも購入を躊躇するかもしれない。

しかも今回は全てで3枚組、42曲収録ということで、「3枚組かぁ...」と、手を出せない人も多い模様。これは仕方ないかとも思うが、もし少しでも余裕のある人は是非購入すべき、というのがこのベストアルバムである。

まず音が違う。山下達郎による丁寧なリマスター作業により、以前のアナログ盤のマスターから出来る限り余分な音を消し去って、長い間埋もれていた音が聴こえるようになったようだ。確かに「音質」という所に限っていると、活動を開始した初期の作品 (Disc 1) あたりの音は「蘇りました」というものに仕上がっている。それにしても山下達郎の本当に職人的な、いや匠のような職人ぶりはどうだろう。ご本人はまだ100%完璧には納得していないらしいが、それでも相当の仕事をやりきったことがライナーノートにも記されていて、音楽の制作作業にどれほど真剣に打ち込んでいるのか、ということがよく分かる。

それから、やはりデビュー曲から最新曲まで、レーベルを超えたベストアルバムということでは必携であろう。デビュー曲である「戻っておいで、私の時間」これは私が小学校の頃ラジオで聴いた曲の中でも印象に残っていた曲なのだが、「歌える?」と質問されたら全く歌えないほど歌の中身を覚えていない。今回のアルバム(しかもシングルバージョン)で少しずつ当時の記憶を取り戻そうとしているところだ。これ以外にキリンレモンのCM曲としても、40代半ば以上の方には少なからず想い出があるであろう「ドリーム・オブ・ユー」など、初期のオリジナル音源は、リマスターこそされているがなかなか聴く機会がないので、Disc 1の存在は非常に嬉しい。

そしてライナーノート。私が思うに、この辺の方々のライナーノートは、読んでいて非常に興味深い。今時の若い連中があーだこーだいうことに興味がない、ということもあるのだが、長い間音楽活動をしてきて経験してきたエピソードなどが書かれているのを読むと、歴史を感じるのである。
そして新発見もあったりする。今回明らかになった事実(思わぬところでの山下達郎のSE出演)もあるので、是非楽しみに読んで欲しいと思う。

これだけ「買い」の要素があるので、是非是非お勧めしたいベストアルバムである。余裕がない方はもう少し待ってお金を貯めましょう。とは言っても3枚組の割には安い(3980円)です。

« 大江千里 / Sloppy Joe | Main | Neil Young & The Bluenotes / This Note's For You »

音楽: ジャンル: J-POP」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46339/43065811

Listed below are links to weblogs that reference 竹内まりや / Expressions:

« 大江千里 / Sloppy Joe | Main | Neil Young & The Bluenotes / This Note's For You »

November 2014
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

検索


ClustrMaps

Creative Commons

無料ブログはココログ