最近紹介したもの

天気予報


Recent Trackbacks

TOKYO SMART DRIVER

Edita


  • ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ



« CHAR / Character | Main | George Benson / The George Benson Collection »

February 07, 2008

Airplay / Airplay

 本作はいわゆるAORの教科書と言われる名作で、Jay GraydonとDavid Fosterの2人の才能がアルバム全体にわたって発揮されている。

あまりに名曲揃いでどの曲が云々というコメントができないのだが、Jerry Heyのホーンアレンジがむちゃくちゃカッコいい"Nothin' You Can Do About It" (これはそのままJay GraydonプロデュースのAl Jarreauの一連作品への流れとなっている)、いかにもDavid Fosterらしいトロッとしたバラード"Should We Carry On" (これはChicagoの"Hard To Say I'm Sorry"あたりへの流れ)、いきなりサビから始まる日本人好みのスタイルである"She Waits For Me"、EW&Fの大ヒットであまりに有名な"After The Love Is Gone"あたりは何回聴いても全く飽きない。
個人的にはハードロック系のハイトーンヴォーカル (ちなみにこれは元BostonのTommy Funderburk)がちょっときつい部分があるが、他にもBill Champlin (現Chicago)の特徴のある力の入ったヴォーカルなども聴け、永遠に残るポップの名作であると断言できる。

なお、このアルバムはマーケティングの関係か、アルバム自体のセールスはまったく良くなく、内容の良さとセールスとが一致しなかったという点では世界一だとも言われている。

« CHAR / Character | Main | George Benson / The George Benson Collection »

音楽: ジャンル: ロック/ポップ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46339/40038151

Listed below are links to weblogs that reference Airplay / Airplay:

« CHAR / Character | Main | George Benson / The George Benson Collection »

November 2014
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

検索


ClustrMaps

Creative Commons

無料ブログはココログ