最近紹介したもの

天気予報


Recent Trackbacks

TOKYO SMART DRIVER

Edita


  • ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ



« Bob James / Touchdown | Main | m-flo loves Bonnie Pink / Love Song (シングル) »

December 10, 2006

James Taylor / Jingle Bells (シングル)


 クリスマスシーズンになると、アメリカのiTunes Storeはなかなかナイスなクリスマスソングのフリーダウンロードをさせてくれる。

ご存知の方は多いと思うが、iTunes Storeでは週変わりのフリーダウンロード曲を準備してくれている。最近ではDavid Powterの"Bad Day"がこのフリーダウンロードから火がついて一躍時の人になったことは記憶に新しいと思う。ただしこのサービスでダウンロードできるのは、基本的には新進アーティストのみである。クリスマス以外は。

話をクリスマスに戻そう。昨年のクリスマスには、Diana Krallの"Jingle Bells"のフリーダウンロードがあった。彼女の2005年発表のクリスマスアルバム "Christmas Songs"に収められていたスタンダード中のスタンダードナンバー。これは別途ご紹介しよう。

で、今年。何と我々アメリカンミュージックファンには決して書かすことのできないスーパースター、James Taylor御大。彼が10月にリリースしたばかりのアルバム、"James Taylor At Christmas"からの"Jingle Bells"が今年のプレゼントである。

ジャケットは、髪の毛の寂しい(失礼!)頭を覆い隠すようなニットの帽子をかぶった真冬着のJames Taylorがプレゼントを差し出しているという、また彼らしい暖かみのあるもの。この中に収められているJingle Bellsだから、トロッとした、暖炉の前で彼女と二人きりのいいムードでフフッ、、、ってのを想像した。しかし。

全然違います。これはたまにJames Taylorが披露する、ブルースの要素を含んだ非常に土臭い、アメリカンなロックなのである。クレジットが手元にないので違っていたら思いっきり赤っ恥なのだが、ギターの音は、これはきっとRy Cooder。スライドギターばりばり。この独特の重さは彼のものだと思う。ドラムスはJim Keltner。これはほぼ自信あり。この音を出せるのは彼しかいない。って感じなのだ。

案の定iTunes Storeでのレビューでは酷評されている。理由はほとんどが「クリスマスらしくない」「この曲はジングルベルではない」「頼むぞiTunes」みたいなもの。でも、これを平凡なジングルベルとして感傷的に聞きさえしなかったら、絶対これはベストの一つになり得るアメリカン・クリスマスソングだろう。

是非クリスマスまでにこの曲やアルバムを入手して楽しんで欲しいと思う。

« Bob James / Touchdown | Main | m-flo loves Bonnie Pink / Love Song (シングル) »

音楽: ジャンル: ロック/ポップ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/46339/13018516

Listed below are links to weblogs that reference James Taylor / Jingle Bells (シングル):

« Bob James / Touchdown | Main | m-flo loves Bonnie Pink / Love Song (シングル) »

November 2014
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

検索


ClustrMaps

Creative Commons

無料ブログはココログ