最近紹介したもの

天気予報


Recent Trackbacks

TOKYO SMART DRIVER

Edita


  • ブロガー(ブログ)交流空間 エディタコミュニティ



November 03, 2012

移転しました

いつもご覧頂きありがとうございます。

Tomy's Weblogは、この度 "Tomy's Music Review" と名称を変え、下記URLへ移動しました。

Tomy's Music Review | 聴いたアルバムの簡単なレビュー
http://www.tamura-online.com/blog/

過去のアルバムレビューについては全てTomy's Music Reviewに移動しておりますので、ご安心ください。

今後とも、よろしくお願い致します。

July 04, 2012

Lionel Richie / Tuskegee

 最近セルフカバーをデュエットでやる、という企画の作品をちょこちょこ見かけるが、今のところこのLionel Richieの"Tuskegee"が一番のお気に入りである。1970年代後半からコモドアーズのリードヴォーカリストとして、特にバラードのヒット曲を量産し、1980年代に入ってソロに転向、以降もヒットを連発し続けた彼の作品である。

本作で何が気に入ったかというと、収録されている往年のヒット曲がカントリーフレーバーに料理され、当然ながら有名カントリーアーティストと共演していることだ。

もしかしたらライオネル・リッチーとカントリーが結び付かない人が多いかもしれないが、そんなことはない。
アルバムタイトルである"Tuskegee"は、アラバマ州にある小さな都市で、彼のホームタウンでもある。 位置的にはカントリーミュージックがポピュラーな土地柄といえる。
(余談だが、アメリカの歴史に詳しい方なら、Tuskegee出身と言えば人種差別と闘った黒人女性Rosa Parkの名前が挙げられるかも知れない。)

彼のソロ活動の中にはカントリーっぽい曲が意外と多い。"Deep River Woman"(オリジナルはAlabamaとの共演)、"Stuck On You"辺りがそんな曲で、いずれの曲もカントリーのヒットチャートで上位にランクされている。だから彼がカントリーアーティストと共演することは今に始まったことではないのである。

さて前置きが長くなったが、本作。冒頭のBlake Sheltonとの"You Are"のイントロを聴いただけでウルッとなりそうな私。見事なミドルテンポのポップカントリーに仕上がっている。その後にもDarius Rucker, Kenny Chesney, Jason Aldean, Rascal Flatts, Jennifer Nettles (Sugarland)等々、今まさに旬のアーティストとの共演、そして旧知の仲であろうJimmy Buffett, Kenny Rogers, そしてあのWillie Nelsonまでが登場する超豪華版である。

いずれの曲も見事に共演アーティストの味に料理されているのにLionel Richieらしさがしっかりと残っている。そういうところが素晴らしい。特にRascal Flattsとの"Dancing On The Ceiling"やKenny Chesneyとの"My Love"はお勧めである。
あとは、やはりKenny Rogerとの"Lady"だろうか。誰にも真似できない、まさに大人のデュエット。聴き手の背筋が思わずゾクッとする、そういう出来になっている。

本作品は、ビルボードのアルバムチャートだけでなく、カントリーアルバムチャートでも堂々の1位を記録。まさしくナンバーワンアルバムにふさわしい作品である。

人気ブログランキングへ←よろしかったらこちらもクリックしてください!

June 01, 2012

The Neville Brothers / Authorized Bootleg: Live at Warfield Theatre, San Francisco, CA - February 27, 1989

 2010年に発表されたThe Neville Brothersの2枚組ライブアルバム。どうやら"Official Bootleg"というのはHip-O Selectレーベルのシリーズもののようだ。
(同タイトルでFlying Burrito Brothersのアルバムもある様なので)
ライナーなどを見ると、最新録音版ではなく、アルバム"Yellow Moon"が発売される直前のもので、アルバムタイトルにもある通り1989年2月27日に行われたもの。20年以上も前の音源をなぜ今?という疑問もないわけではないが、企画ものと言うことなのだと思う。

さて本作品、言うまでもなくライブアルバムなのだが、綺麗にアルバムに取りまとめましたという感じではない。曲間の編集が殆どぶったぎりだったり、収録後の緻密なミキシングなどの細かい編集をしているようには聴こえない。アルバムタイトル通りブートレグな雰囲気があるが、これはわざとなのか、ちょっとわからない。
逆に言うと、無理な編集がないのでライブの臨場感はたっぶり。世界最高のライブバンドとも言われている彼らのグルーヴが満喫できる。

収録されているのは、彼らのライブではお決まりの"Fire On The Bayou"辺りのセカンド・ラインのナンバーに始まり、当時の最新作"Yellow Moon"からのナンバー ("Wake Up", "Voo Doo", "Yellow Moon", "Sister Rosa"など)、Aaron Nevilleのヴェルヴェット・ヴォイスによるバラード、60年代のロックンロールメドレー、"Amazing Grace"、クロージングと、まさに彼らのライブ定番の流れである。

ニューオリンズ・ファンク特有のうねりは言うまでもなくカッコいい。Aaronの美声にもうっとり。ロックンロールメドレーは今まで聴いた他のライブと比べるとギターが鳴りまくっていてロック色が強い。全19曲、110分ノンストップで聴くとかなり体力を使うが、これがニューオリンズのグルーヴ。目一杯楽しめる。聴き所を書こうと思ったが、「全部」としか言いようがない。Neville Brothersのライブの魅力を生に近い状態で聴くことができる作品となっている。

人気ブログランキングへ←よろしかったらこちらもクリックしてください!

May 27, 2012

Paul McCartney / Tug Of War

 1982年の作品。前作"McCartney II"の発表の後、あのJohn Lennonの死という大事件を経て約2年後に世に出た作品ということになる。
(あと、この間にはポールが日本で逮捕、なんてこともあった)

そんなこともあり、ポールの新作はジョンに対する追悼作品なのかな、と当初思ったものだ。しかし実際には、本作のラストナンバーでもあるStevie Wonderとの「世紀のデュエット」、"Ebony and Ivory"が物凄い話題となったのであった。先行してこの曲がリリースされた当時、私の中では、ジョンとポールの確執?なんてことが頭をよぎったものだ。なおStevieとは"What's That You're Doing?"という曲でも共演している。

で中身であるが、これが珠玉のポップ集なんである。特に1曲目のタイトルチューンに続きフェードイン気味に始まる"Take It Away"は名曲中の名曲。歌詞も教科書のように分かりやすい韻を踏んでいるし、ポールの優しい歌声と分厚いバックコーラス(リンダの声ももちろんしっかり聴こえる)、爽快なホーンセクション…。ポップとはこういうものなんだよ、とポールに言われている気になってしまう素晴らしさである。

これ以外にも歌い上げ系・しっとり系のいかにもポールらしい"Wanderlust"や"Somebody Who Care"のような曲も勿論収録。その上"Ebony and Ivory"も収録されているわけだから、もう文句のつけようがない名作なんである。当然私にとっての、ポールのフェイバリット・アルバムであることは言うまでもない。

で、最後にあの曲のことを。あの曲とは"Here Today"である。どうやらこの曲が亡きジョンに捧げた曲である。本作では群を抜いた物悲しさに包まれたこの曲は、ジョージ・マーチンのストリングス・アレンジメントといい、どこかしら "Yesterday" を彷彿とさせる雰囲気となっている。

人気ブログランキングへ←よろしかったらこちらもクリックしてください!

May 20, 2012

Bo Gumbos / Bo & Gumbo

 Bo Gumbosのファーストアルバム(1989年発表)。ファーストアルバムと言っても、彼らは別のバンドなどでの活動が長かったから、いわゆる初々しさと言うものはない。
(どんと、永井利充は直前にローザルクセンブルグを解散し、Bo Gumbosを結成している。)

このバンドの魅力は何と言っても、キーボードのきょんの存在である。きょんのニューオリンズ色の強いピアノを聞くと、これが本当に日本のバンドかと疑ってしまいたくなる。「魚ごっこ」「見返り不美人」などで聴ける、飛び跳ねるようなピアノはまさにプロフェッサー・ロングヘア~ドクター・ジョンあたりの「ニューオリンズ直系」の音である。

後半は派手なピアノというよりは、リーダーのどんとが敬愛していたボ・ディドリー系の独特なリズムの曲が目立ってくる。これもなかなかである。もちろん、これも聞き手をニヤッとさせてしまう名演である。で、「ずんずん」にはボ・ディドリー自身も参加して、「本家」とのボ・ディドリー・グルーヴを聴かせてくれる。

今まで日本のロックバンドでは聴かれなかったアプローチということもあり、私にとって1980年代の日本のロックアルバムの中では一番印象に残った作品である。できればバンドも解散することなく、また、どんとも亡くなることもなくずっと活動を続けていてくれていれば、、、と思わずにいられない。

人気ブログランキングへ←よろしかったらこちらもクリックしてください!

March 24, 2012

Tom Waits / Glitter And Doom Live

 2009年発表のライブアルバム。アメリカにおけるTom Waits の人気は、日本では想像ができないほどすごい。本作の一番始めに聴かれる割れんばかりの歓声からの観客のノリはかなり熱狂的である。音の感じからすると、大きな会場での収録に聴こえる。ライブハウスではなく、演奏や歓声の響き具合からすると、それなりの規模のコンサートホールのような感じがする。

お馴染みの曲を持っていないTom Waitsではあるが、決して誰にも真似できない、「究極のダミ声」とも言える声、演奏から溢れ出す彼の存在感に圧倒される。80年代後半くらいから積極的に使い始めた、空き缶を通して聴こえるような独特のエフェクトを駆使し、唯一無二の世界を表現してくれる。この声はパフォーマンスによっては拡声器を改造したものを使ったりしているようだが、本作でどうしているかは分からない。
Tom Waitsの世界が堪能できる、満足の行く作品である。特に冒頭のLucinda ~ Ain't Goin' Downと最後を飾る Lucky Dayが素晴らしく、聴いていてクセになるアルバムだと思う。

ところで本作品は17曲入り73分のライヴなのだが、実は本作2枚組である。2枚目は"Tom Tales"(「トムのお話」みたいな)というタイトルで、彼が35分にわたって話し続ける作品となっている。日本人には非常に分かりにくいスラング満載、4レターワードも登場したり、下世話なおしゃべりが続く。観客も大盛り上がり。
音だけで想像するに、Tom Waitsはピアノの前に座り、時折ピアノを鳴らしながら時に観客に向かって話しかけている、そんな感じなのだろう。この2枚目の方は、アメリカ人の「ユーモア」に対する考え方の雰囲気をつかむことができる。

人気ブログランキングへ←よろしかったらこちらもクリックしてください!

March 11, 2012

Darius Rucker / Charleston, SC 1966

 もはやHootie & The Blowfishの…という頭書きは要らないかもしれない。今やカントリーミュージックのスターの仲間入りをしたDarius Ruckerのソロ第2作目が本アルバム (2010年作品)。アルバム名に自分の生まれた年とホームタウンをつけていることから、改めて自らのルーツはここにある、という宣言なのかと思う。
(全くの余談だが、Darius Ruckerと私の誕生日はわずか3日違い。)

内容は最近のカントリーミュージックの主流であるポップ・カントリー調。何と言っても低音の響く彼のヴォーカルがいい。歌唱法には、やはりソウルさも見え隠れしているところがユニークだと思う。時折聴こえてくるマンドリンの音色も、もともと好きな楽器だけあって、とても心地いい。

私の印象は、Hootie & the Blowfishはどちらかというとルーツ系のアメリカンロックとは言いつつも、どことなく影のある音を聴かせてくれていたが、ソロでカントリーアーティストとして活躍している現在の彼は、そう言う部分を吹っ切って、軽快な音楽を聴かせてくれる。
冒頭の"This"から"Come Back Song"あたりの流れは、もうポップ・カントリーのトップスターと言っても良い余裕さを感じる。その辺が、聴いている側にも爽快に感じる。

時代は変わったとは言え、カントリーミュージックの世界は圧倒的に白人のものになっているが、そんな中に彼のようなアーティストが入って、自分の好きな音楽をやっているのを知ると、やっぱり応援したくなるものだ。私にとっては当分の間愛聴盤になるだろう。同い年と言うこともあるし。

人気ブログランキングへ←よろしかったらこちらもクリックしてください!

March 07, 2012

Nona Reeves / Choice

 Nona Reevesによる2011年発表の洋楽カバーアルバム。

西寺郷太さんのボップマニア振りは、マイケル・ジャクソン論でも有名だし、また毎週水曜日のTBSラジオ「キラキラ」での音楽コラムでもおなじみの通り。そんな彼の率いるノーナリーブスのカバーアルバムが悪いわけがない。と言うことで、本作に期待を寄せて聴いた。

まずは選曲にニヤリ。Bee Geesの"Jive Talking"を始めにして、Princeは「敢えて」ポップさを感じさせると言う意味では珍しいタイプの曲 "I Wanna Be Your Lover"、Michael Jacksonも「敢えて」ロックな"Smooth Criminal"、Eaglesも「敢えて」超有名な曲ではなく"I Can't Tell You Why" (ただしこの曲は私にとってのEaglesのベストトラック)…と言ったように、皆が知っている曲が基準ではなく、「イイ曲」を基準に選局していることが良く良く分かる。この選局は、私の好みに非常に近いものがあるので、嬉しくて仕方ない。

ある時は原曲にほぼ忠実に、ある時は(原曲を良く知っている人にとっては)大胆なアレンジを施し、と変幻自在。演奏も本当にうまい…。勿論西寺さんのヴォーカルも、心からポップミュージックが好きなんだなと思える様に楽しそうに歌っているので、聴く側も本当に気持ちが良い。

私としては、Teddy Pendergrass (Love TKO)、Todd Rundgren (Wailing Wall)の2曲が本当によかった。

本作は、少なくとも日本においては史上最強の洋楽カバーアルバムだし、海外アーティストによる作品でもこういう作品にはそうそう巡り会えないと思う。

現在カバーアルバム第2弾を録音中と言うことなので、こちらにも期待が高まるのは当然。もしあなたが洋楽ファンなら、間違いなく聴くべき作品である。

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

人気ブログランキングへ←よろしかったらこちらもクリックしてください!

February 18, 2012

Whitney Houston / Whitney Houston (The Deluxe Anniversary Edition)

 先日Whitney Houstonが亡くなったと言うことで、あまり私はこういうニュースに対してタイムリーにブログは書かないし(書くのが遅いからですが)、大ファンだったと言う訳ではないのだが、今回はあまりにびっくりしたので、追悼の意味も含め書こうと思う。

Whitney Houstonは、年齢的には私と3つしか違わないので、ほぼ同世代と言ってもいい。そんな彼女が22歳の時に発表したデビューアルバムが、この"Whitney Houston" である。1985年作品。

私が彼女を知ったきっかけは、1984年にTeddy Pendergrassの"Love Language"というアルバム(名作♪)に収められた"Hold Me"というバラード曲でTeddyとデュエットしていたのがWhitneyだった。この曲はシングルカットされ、トップ40にはあと一歩ではあったが、R&Bチャート、アダルトコンテンポラリーチャートでは上位まで行くスマッシュヒットとなった。21歳とは思えないWhitneyの表現力が印象に残る美しいバラードであった。
で、その翌年になり、それなりの実績をつけ「満を持して」のデビューアルバム、ということになる。

さてこのアルバム、アリスタのClive Davisという大物社長の多大なプロモーションもあってか、大ヒットとなった。Jermaine Jacksonが "Nobody Loves Me Like You Do"、”Take Good Care Of My Heart”の2曲でデュエットを聴かせてくれている。
(余談だが、”Take Good Care Of My Heart”は、1987年の鈴木聖美 with Rats & Starの「ロンリーチャップリン」と激似しているので、要チェック。)

本作品からは5曲のシングルカットがされたが、最初のシングルヒット曲である"You Give Good Love"は、正直私はあまり好きな曲ではなかった。しかし、声から溢れ出る様な瑞々しさが非常に印象的ではあった。
で、その後にシングルカットされた"Saving All My Love For You"だが、私はこの曲をとても気に入っていた。しっとりしたミドルテンポのこの曲、私は彼女にしか歌いこなせない曲だろうと思っている。前述した「瑞々しさ」の魅力がこの曲に凝縮されていると思った。この曲と"Hold Me"は今でも私の一番好きなWhitneyの曲である。(なお"Hold Me"は、このアルバムでも収録されている。)
その他、アップチューンである"How Will I Know"と、ジョージ・ベンソンのカバー "Greatest Love Of All"がヒット、いずれも全米No.1ヒットとなった。
ちょっとR&Bさが足りないのは仕方ないとして、ヒット曲満載の良質なポップアルバムでもあるし、大仰な「歌い上げちゃってます」的なバラードがあんまり好きでない私としては、このアルバムがWhitneyのベストアルバムだと思っている。そう言う意味では、絶対お勧め作品である。

...と、ここまでがデビューアルバムの簡単な紹介と感想だったが、このアルバム、2010年に The Deluxe Anniversary Edition という形で再発された。デビュー25周年と言うことで、デビューアルバムにリマスターが施され音質がアップし(という触れ込み)、別リミックスや12インチバージョン、ライブバージョンなどが収められている。"How Will I Know"の12インチダンスリミックスはJellybeanによるもの。また、1990年にマンハッタンのRadio City Music Hallで収録された "Greatest Love Of All"のライブテイクは、アリスタレコードの15周年記念ライブからの録音。このテイクは「歌い上げちゃってます」バージョンだが、不思議なことにこのテイクは結構好きなのだ。
今から購入するのであれば、1985年のオリジナル作品よりは若干値が張るが絶対こっちの方がいいと思う。

なお本作品には、限定盤としてDVDがついているものもある。この内容についてはよく分からないので、説明は割愛。詳細はこちらから。
そよ風の贈りもの~25周年記念盤(DVD付)

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

人気ブログランキングへ←よろしかったらこちらもクリックしてください!

December 23, 2011

山下達郎 / Ray of Hope

 2011年発表の作品。元々は、別タイトルで前年秋に発売される予定だったが、延期になり1年近く遅れてリリースされた。そのためか、本作に収録された作品のうち5曲が既にシングルとしてリリースされている。これはちょっと異例な作品であるかと思う。これらシングルはテレビ主題歌や映画主題歌と言ったタイアップ曲だった、ということもあり、本作を一通り聴いた印象は「これベストアルバム?」という錯覚であった。
最近の達郎氏の作品は、ご本人も認める通りテレビドラマ主題歌をメインとしたタイアップが非常に多い。言い換えれば、気持ちよく流して聴けるタイプのアルバム、という感じかと思う。その一方、既に達郎氏のシングルを買ってるよ、という人には、ちょっともったいない感のある作品、とも言えるかも知れない。

具体的には、「街物語」「ずっと一緒さ」「愛してるって言えなくたって」の3曲がテレビドラマ主題歌、他2曲が映画主題歌、他テレビ番組のエンディングテーマなど、という内容。
どうも達郎氏の主題曲と言うとバラードが多いので、バラード満載の作品と言うことができるが、もう少しアップテンポなものも多く入っていれば良かったな、と私は思った。

さて収録されている計14曲 (「希望という名の光」のPrelude, Postludeを含む)の中で一番驚いたことは、達郎氏がProToolを使い始めたことである。
達郎氏と言えば、「ポケットミュージック」で初めてコンピュータ(PC-8801)を導入してものすごく評判になったが、今回は今をときめくProToolである。このソフトを一躍有名にしたのは、元々は音程矯正用に作られたモジュールであるAuto-Tuneである。使いようによってはヴォコーダの様な効果が得られることから、Cherが初めてヴォーカルエフェクトとして使い始め、当時話題になったものだ。日本ではPerfumeのあの声で有名である。

ちょっと説明が長くなったが、本作では達郎氏がAuto-Tuneに挑戦。「俺の空」で、わずかにケロケロボイスを聴くことができる。ただし、当然ではあるが音程矯正のためではなく、細かい節回しの部分に少し垣間見えると言う感じ。通常のヴォーカル部分では聴こえない、ということはAuto-Tuneが達郎氏のヴォーカルを矯正する場所がなかった、ということになるのだろうか。

もう1点、ヴォーカルで気付いたことがある。それは、最近の達郎氏のシングルを聴くも分かるのだが、ヴォーカルに対するエコーなどのエフェクトがかなり弱められているような気がするのだ。(もちろん前述の「俺の空」は別。)
それでもちゃんと聴ける、ということはやはり達郎氏の歌唱力が素晴らしいと言うことになるのだと思う。

私は、本作は達郎氏のヴォーカルをじっくりと落ち着いて聴くことができる作品と思っていて、そういう意味では素晴らしい作品だと思う。このレビューでは初回限定盤についていた「JOY1.5」というライブテイク集のことは詳しく書かないけれど、ここでのエネルギッシュな達郎氏とのバランスがまたよろしい。(詳しく書かないのは、ちょっと長くなってしまうからです。これは間違いなく必聴ものです!)

今更ながらの感もあるが、やはり通常盤よりは初回限定盤を入手して両方聴くといいと思う。

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

人気ブログランキングへ←よろしかったらこちらもクリックしてください!

November 23, 2011

土岐麻子 / WEEKEND SHUFFLE

 2006年発表のミニアルバム。ミニアルバムと言うこともあり、収録曲8曲のカバー集。

YMOの「君に胸キュン。」に始まり、山下達郎の「土曜日の恋人」、SUGAR BABEの「DOWNTOWN」、と言った80年代の日本ポップスの名曲、Maroon 5の「Sunday Morning」やEW&F「September」など、選曲もアレンジもまさに土岐麻子ワールドとなっていて、胸がキュンキュンする。何て落ち着くヴォーカルなんだろうと、感動すら覚える。

ちょっと意表をつかれたのは、ケツメイシの「夏の思い出」。ジャパニーズ・レゲエ&ヒップホップの名曲がジャズアレンジメントで聴ける。もちろんラップ部分はインストで、土岐さんがラップを披露してくれるわけではないのだが(苦笑)、このあまりに意外な選曲とアレンジには驚くことうけあい。

でも結局一番いいのは、「Sunday Morning」だろうか。アルバムの最後を飾るこの曲は、かなり原曲に近いアレンジながら土岐さんのヴォーカルにしっくり来ていて、もっと彼女の歌を聴きたい!と強く思わせるアルバムのエンディングとなっている。

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

人気ブログランキングへ←よろしかったらこちらもクリックしてください!

November 15, 2011

Chris Rea / New Light Through Old Window

 1988年発表のChris Reaのベストアルバム。新曲Let's Danceを含め、全曲新録・新アレンジという構成になっている。アルバムタイトルから、なるほどそう言う意味かと頷くコンセプトではある。

この新アレンジと言うのが若干曲者で、曲に対する新たな楽しみがある一方、その曲を聞いていた頃を回想したい場合、アレンジが大きく変わると「あれっ?」と言うことになりかねない。本作品では、Chris Reaのヒット曲では一番一般の人に愛された(はずの) On The Beachが、原曲とは似ても似つかないアレンジで収録されている。
原曲は、全体を覆う幻想的なムードとChris Rea独特のしわがれ低音ヴォイスが渋いことこの上なかったが、本作のバージョンは8ビートのアップテンポと来ている。拍子抜けとは正にこのことで、正直とてもがっかりしたものだ。ところが、曲がいいからなのか、聴き込んで行くと結構良かったりするから不思議。ただ、昔を思い出そうとするときには使えないかな、と言うのが正直な感想。ドライブ感はあるんだけど。

それ以外の聴きどころは、彼のクリスマスソングで、もともとは日本限定発売のSnowというミニアルバムに収録されていた Driving Home For Christmas が本作に収められていることだろう。この曲はタイトルを見てお分かりの通り、クリスマスに自宅で楽しみに待っている家族を想いながら車を走らせる、といった内容で、私のベスト・クリスマスソングの一つである。曲調も非常に季節感溢れるもので、これからの年末にかけてオススメである。

それ以外の曲は、そこそこオリジナルのアレンジに近いものであり、名曲 Steel Riverでの、彼の代名詞ともいえるブルージーなスライドギターも堪能できて、アルバム全体としては、まあ納得のいくベストアルバムと言えるのではないだろうか。

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

人気ブログランキングへ←よろしかったらこちらもクリックしてください!

October 12, 2011

ZZ Top / Greatest Hits

 1992年発表のZZ Topのベストアルバム。1972年リリースのデビューアルバム"ZZ Top First Album"から1990年の"Recycler"まで、19年間で10枚(少ない!!)のオリジナルアルバムからピックアップされている。ZZ Topでしか演奏できない独特のブギー・ロックンロールを心ゆくまで堪能することができる。

典型は冒頭の"Gimme All Your Lovin'"から"Sharp Dressed Man"の流れだ。シンプルに8ビートを刻み続けるFrank Beardのドラムス、同じくシンプルなベースラインを弾き続けるDusty Hill、そして基本はシンプルながらも時々派手に決めるBilly Gibbonsのギター。これだけシンプルでドライブ感たっぷりのかっこいいロックンロールを演奏できるバンドはそういない。ZZ Top初期の名作"Tush"にしてもしかりだ。あたかもアメリカのフリーウェイ(しかもテキサスあたりの)をすっ飛ばしながら聴くには最高の演奏だと言える。こういう乾いたアメリカン・ロックのサウンドを聴いてると、バンドやりたくなるなあ、という爽快なサウンドが続く。

収録された18曲のうち、1973年のアルバム"Tres Hombres"からのものが1曲、1975年の"Fandango"から1曲、1979年の"Degüello"から2曲、1981年の"El Loco"から2曲、1983年の"Eliminator"から4曲、1985年の"Afterburner"から3曲、1990年の"Recycler"から3曲、新曲が2曲という構成で、やや後期作品に片寄りすぎている嫌いがあるが、彼らの歴史を考えるとしかたのない構成ではないかと思う。

新曲のうち"Viva Las Vegas"は本アルバムの中でもZZ Topらしさの出た佳曲で、1980年代半ばから多用し始めたシンセサイザも彼ららしく、なかなかカッコイイ。また彼らにとって一番の大ヒットと言える(またフロントの2人がギターやベースをクルクル回しながら演奏するミュージックビデオでも笑わせてくれた)"Legs"は、Eliminatorに収録されたオリジナルバージョンではなく、今までリリースされたことのなかったダンスバージョン。彼ららしいドライブ感にやや欠けるバージョンではあるが、ZZ Topのようなロックバンドの曲でもこんなバージョンが作られた、というおまけとして聴く分には良いかも知れない。

あと、バタくさい、「ヤンキー娘」と言う言葉がピッタリのアメリカン・ガールズ達があちらこちらに写っているアルバムジャケットも、彼らならでは。
まあそれにしてもアルバムジャケットもZZ Topらしい。

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

人気ブログランキングへ←よろしかったらこちらもクリックしてください!

August 28, 2011

山下達郎 / 僕の中の少年

 1988年発表の作品で、山下達郎の数多いアルバムの中でも内省的な作品が多いといわれている。
また、本作品当たりから、CMやテレビ番組主題歌などとのタイアップ曲が多くなってきている、というのも特徴的である。
「踊ろよ、フィッシュ」「マーマレード・グッドバイ」「The Girl In White」(これは確か、後にこの曲をカバーする黒人のコーラスグループ、14カラットゴールドがCM出演していた)がCM曲、「ゲット・バック・イン・ラブ」はTBSのドラマの主題歌(「海岸物語」)としてヒットした。

アルバム全体の構成としては、キャッチーなサウンドと重めのサウンドが非常にいいバランスを取っているというのが第一印象。アルバムの前半はどちらかというと前者、後半は後者、という流れになっている。後半の重めの展開(具体的には6曲目以降、「ルミネッセンス」〜「蒼氓(そうぼう)」「僕の中の少年」)は、山下達郎の今までの作品にはなかった、非常にコンセプチュアルなもので、「夏と言えば山下達郎」のような、1980年代前半当たりのイケイケ状態からの決別みたいなものを感じた。特に「蒼氓(そうぼう)」は、あちこちで名曲との呼び声が非常に高く、ライブにおいても10分くらいの大作になるらしい。

本作は、それ以降にリリースされた彼の作品のベースとなるようなものだと言える。そう言う意味では、山下達郎の音楽活動の歴史では絶対に外せない一作であり、名作なのである。

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

人気ブログランキングへ←よろしかったらこちらもクリックしてください!

August 16, 2011

Garth Brooks / Ropin' The Wind

 1991年に発表された、Garth Brooksの大ヒットアルバム。私にとってGarth Brooks初体験となったアルバムでもある。
彼の前作"No Fences"が全米で1000万枚売上という大ヒットを記録した頃は、単なるポップなカントリーアーティストが何でこんなに唐突に売れちゃったんだろうと思っていた程度だったので、特に聴こうという強い思いはなかった。しかし、本作も発売直後から全米アルバムチャートでNo.1にずっと居座っていたので、これは何かあるなと言う事で気になり始め購入したのだ。(今思えば、この動きはノロいね...)

すると、冒頭の"Against The Grain"のイントロ、バンジョーとフィドルが頭っから全開でびっくり。中には少し湿っぽいポップバラードもあるが、"We Bury THe Hatchet"や"Rodeo"などと言った曲は、カントリーミュージックがしっかりとベースになっていてとても気に入った。

本作で1つの驚きは、Billy Joelの"Shameless"のカバー。この曲はBilly Joelのアルバム、"Storm Front"に収められていた曲であるが、Garth Brooksバージョンが大ヒットしたおかげで、全米のラジオ曲ではシングルカットされてなかったBilly Joelのオリジナルバージョンが売れる、という珍現象まで引き起こした。
Garth Brooksの過去のインタビューによれば、この曲がBilly Joelによってシングルカットされなかったことを知った彼がBilly Joelのマネージメントに頼み込み、了承を得た上でシングルカットが行われたというエピソードがあるらしい。私としては、Billy JoelバージョンよりGarth Brooksバージョンの方が印象に残る曲になっている。

そのほかにもポップ感もあるが基本はカントリーだぞ!という曲が多く収録されている本作、結果的に前作を上回る1300万枚のセールスを記録したらしい。90年代のカントリーミュージックのブームのきっかけとなった名作の一つであることには間違いない。この流れは21世紀に入り、ロック的な要素もどんどん吸収しながら独特なアメリカのポピュラーミュージックになってきている。そう言う意味では彼の貢献度は非常に高い。最近はあまり表に出てくる事がなく、半ば隠居生活みたいな感じとの話もあるが、頑張って欲しいものだ。

↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い

人気ブログランキングへ←よろしかったらこちらもクリックしてください!

«Loverboy / Classics

November 2014
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

検索


ClustrMaps

Creative Commons

無料ブログはココログ